4
Introducing CyberLink Director Family
FaceMe® 顔認識、AI & AR
(人工知能 & 拡張現実)

サイバーリンクの顔認識/表情属性認識技術は、全世界をリードしています。
ディープラーニングによる高度な AI(人工知能)技術を採用した「FaceMe®」顔認識エンジンは、MegaFace Challenge 及び NIST の顔認識ベンダーテストにて、98.5% の本人認識率と、誤認識率わずか100万分の1の記録を達成し、高速で正確なアルゴリズムであると認められました。FaceMe® は スマートシティ、スマートオフィス、スマートリテール、スマートホームとして、エッジコンピューティングセキュリティシステム、および個人識別・個人認証に最適なソリューションを提供します。

FaceMe® AI 顔認識技術は、ハードウェア組み込み機器、アプリケーションソフトなど、柔軟に実装が可能なクロスプラットフォームのソフトウェア開発キット(SDK)です。Windows PC / Linux / Android / iOS などと互換性があり、様々な環境で顔認識技術を使用する事ができます。

FaceMe® 機能について

  • 顔検出

    映像から検出された顔から高精度の顔モデルを生成します。さらに分析や参照を行うためにデータベースに保管することができます。

  • 顔特徴点検出

    最大 106 の特徴点を正確に検出し、特徴点から正確な 3D 顔モデルを作成することを可能にします。

  • 顔認識

    顔検出で作成したデータベースから、即座に個人を特定します。

  • 顔属性分析

    年齢、性別、感情、頭の状態など、顔に関する属性を分析します。

Detection Results

1 face has been detected, which got an unique face ID.

{{ctrl.chosenFaceDetect.detectResultList.length - 1}} faces have been detected. Each of them got an unique face ID.

Age
Gender
Emotion
Face pose

FaceMe® 顔認識エンジンの活用例

  • スマートシティ

    街頭監視システムに統合する事によって、顔認識を使用した通行量調査や、年齢・性別割合調査、顔認識による特定の人物の検出などを行えます。

  • スマートリテール

    来店客の年齢、性別、感情、回遊状況などを判断して滞留時間の分析や、リピーターや重要顧客の判別ができます。

    ビデオをみる >
  • スマートオフィス

    エントランスシステムに実装して、顔認識を使用した入退室セキュリティシステムや、勤怠管理記録システムに利用できます。

    ビデオをみる >
  • スマートホーム

    顔認識と感情検出エンジンの融合により、個性のある社交的なロボットなど、家庭向け AI コミュニケーション端末に利用できます。

CyberLink FaceMe® のメリット

  • 高精度 & 高速認識

    国際的機関認証済

    ディープニューラルネットワーク AI 技術を使用した FaceMe® の本人認識率(TAR=True Acceptance Rate) は 98.5% です。FaceMe® は MegaFace Challenge と、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテスト(FRVT)の両方で高精度、高速な顔認識エンジンの一つと評価されています。

    TrueTheater® 画質向上技術による認識精度向上

    CyberLink 独自の TrueTheather® 技術を用いて映像の画質を向上する事により、AI で顔認識しやすい映像に前処理します。これにより、AI による認識精度が 11.65% 向上しました。
    *550 Lux 環境で撮影の場合

  • なりすまし防止

    複数のなりすまし防止バイオメトリクス認証技術により、より安全な生体認証環境を実現します。(反射攻撃、プリント攻撃などからの保護)
    FaceMe® はスマートフォンやタブレット内蔵の 2D カメラだけでなく、主要な 3D カメラによるなりすまし防止にも対応しています。

    ビデオをみる >
  • 様々なプラットフォームに最適化

    FaceMe® は、Windows、Linux、Android、iOS 用にデザインされ、クロスプラットフォームでの開発に最適です。ドアセキュリティシステム、デジタルサイネージ、キオスク端末、POS システム、Android / iOSベースのアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションやソリューションを組み合わせて展開することができます。

  • エッジデバイス & サーバーに柔軟に対応

    FaceMe® はは速度 / 精度 / GPU / CPU 処理などをフレキシブルに設定することが可能となっており、様々なハードウェア構成においてリソースに合わせた動作が可能で、エッジコンピューティングに最適化されています。

    主要な AIoT とサービスの多様な要求を満たすために、OpenVINO™、NVIDIA CUDA、Jetson、ARM など複数のプラットフォーム上で GPU アクセラレーションを有効にすることが可能で、ディープラーニングアルゴリズムを高速化することができます。例えば、 OpenVINO™ アクセラレーションを有効にすると、FaceMe® の顔認識速度が 約 500% 向上します。

* 参考資料:
1. MegaFace Challenge: FaceScrub Results/ Verification, November, 2018
2. NIST:Ongoing Face Recognition Vendor Test (FRVT), July, 2019
NIST の結果は、NIST による特定のシステム、製品、サービス、または会社を保証するものではありません。認識速度ランキングはトップ 20位以内にランクイン

Have questions or need to know more about CyberLink technology solutions?

Contact Us